medicalguide

ワクチン・予防医療

『狂犬病予防ワクチン』

飼い主様は、狂犬病予防法で狂犬病ワクチンの接種が義務付けられています。
生後3か月以上の犬を飼い始めてから30日以内に1回、その後は毎年1回注射を受けなければなりません。

『混合ワクチン』

伝染病などの予防のためと動物たちの健康のために、ワクチンを接種するようにしてあげてください。

・接種前にワクチン歴、飼育環境などをご相談して、その子にとって最良のワクチンをお勧めしています。
・ワクチン接種前に診察を行い、健康状態に問題ないと判断してから接種いたします。

○5種混合ワクチン
○8種混合ワクチン

  5種 8種
犬ジステンパー
犬伝染性肝炎
犬アデノウィルス2型感染症
犬パラインフルエンザ感染症
犬パルボウィルス感染症
犬コロナウィルス感染症-
犬レプトスピラ病 黄疸出血型
         カニコーラ型
-
-

○3種混合ワクチン
○5種混合ワクチン
○猫免疫不全ウィルス感染症(FIV)ワクチン

  3種 5種  
猫ウィルス性鼻気管炎-
猫カリシウィルス感染症-
猫汎白血球減少症-
猫クラミジア感染症--
猫白血病ウィルス感染症(FeLV)--
猫免疫不全ウィルス感染症(FIV)--

『フィラリア症予防』

フィラリア症は蚊が媒介して起こる病気です。
正しく投薬すれば、確実に予防できる病気です。

5月~11月までの7ヶ月間の予防が必要です。

当院では、
・錠剤タイプ
・チュアブル(お肉)タイプ
・1シーズン効果がある注射タイプ
がございます。
投薬する種類については、獣医師にご相談下さい。


『ノミ・ダニ予防』

ワンちゃん・ネコちゃんにノミやダニが寄生すると、皮膚病やアレルギーを起こします。
また、飼い主様を刺すことにより皮膚病などの病気が感染します。

マダニにおいては、マダニが媒介したウィルス感染症になることがあります。

ワンちゃん・ネコちゃんと飼い主様の健康や病気予防の観点からも、駆除しましょう。

ノミやダニがいない場合でも寄生を避けるために予防対策を行ってください。

『去勢・避妊手術』

性ホルモンに関係する病気や遺伝的な病気の予防、性的なストレスの軽減、問題行動の予防や改善などの効果があります。

去勢手術のメリット・デメリット

[メリット]
・オス:精巣腫瘍や前立腺肥大、肛門周囲腺腫などの病気を防ぐ。
・メス:子宮蓄膿症や卵巣腫瘍、乳腺腫瘍などの病気を防ぐ。
・マーキングや攻撃行動の減少
・望まない妊娠を防ぐ

[デメリット]
・肥満になりやすい。
・食事と運動の量を正しくコントロールすることが必要。

ペット検診

ペットフードや飼育環境の向上の結果一昔前よりも動物も長生きするようになり、それと共に高齢疾患が多く見られるようになっています。
ワンちゃん・ネコちゃん年齢で、7歳を過ぎると高齢です。
人間と同様、栄養の代謝が低下してくると共に、心臓病・腎臓病・肺・気管などの呼吸器疾患、腫瘍などの疾患にもかかりやすくなってきます。

健康で幸せな生活のためにも、飼い主様の治療の負担を軽減するためにも、病気の早期発見・早期治療が大切です。
年に1~2回のペット検診をお勧めしています。

犬・猫と人間の標準年齢早見表

犬・猫 人間 犬・猫 人間
1ヶ月1才8年48才
2ヶ月3才9年52才
3ヶ月5才10年56才
6ヶ月9才11年60才
9ヶ月13才12年64才
1年17才13年68才
1年半20才14年72才
2年23才15年76才
3年28才16年80才
4年32才17年84才
5年36才18年88才
6年40才19年92才
7年44才20年96才

検査項目

・一般身体検査(問診、視診、触診、聴診)
・尿検査
・糞便検査
・歯科検診
・血液検査
・レントゲン検査(胸部・腹部)
・超音波検査(腹部)

オプション検査

・アレルギー検査:アトピー性皮膚炎の検査です
・猫白血病、猫エイズ検査:ネコちゃんに多い感染症の検査です
・各種ホルモン検査:甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンの測定

※ペット検診は予約制で、お預かりして検査いたします。
※当日の朝ごはんは食べさせずに来院してください。

詳しくはお電話でお問い合わせください。

  • ワクチン・予防医療
  • ペット検診
  • 往診
  • セカンドオピニオン
  • ペットホテル
  • トリミング
  • 当院の歴史
  • ブログ